Menu
HOME>特集>ますます高まる需要の中で資格の価値が見直されています

自由度の高さが魅力

人口減少だけならまだしも、日本の少子高齢化は喫緊の課題と言われています。高齢者が右肩上がりに増えることで、介護の担い手が足りなくなっています。中でも深刻化しているのが、介護のエキスパートと呼ばれる介護福祉士です。介護士が一定期間の実務経験をすることで、介護福祉士の受験資格を得られます。資格を持っていることで、正規やパートタイマーに関係なく資格手当てが付与されます。派遣社員であっても、責任のあるポジションを担えます。

利用者からの信頼感

派遣介護福祉士の強みは、働き方を自ら選択出来ることです。残業を拒否することも可能ですし、コーディネーターとの話し合いで職場をチェンジすることも可能です。契約はスタイルによって変わりますが、大半が一ヶ月〜三ヶ月ではないでしょうか。無論、勤務実績によっては正規雇用の道があります。40歳以上の方でもチャンスが多い業界で、ケアマネージャーや看護師のライセンスと複合すると、昇給や昇進が早まることもあります。派遣会社のホームページを常にチェックしておくと、更新される有益な情報を逃しません。一旦登録だけをしておいて、その後ゆっくり希望の条件を探す方法もあります。

広告募集中