Menu

自己都合での勤務

食事

資格職という強みから、自分の都合で勤務ができるというのが介護福祉士の派遣の強みであると考えられています。実際、家庭の都合から正社員ではなく、派遣という働き方を選ぶ介護福祉士も少なくないといいます。事情は様々ですが、子供がまだ小さくて時短で働きたいという女性が、あえて正社員を選ばずにこうしたフレキシブルな働き方を選んでいます。実際、介護福祉士の派遣というのは求人が多いので、求人を自由に選べるというメリットがあります。利用方法としては、派遣会社に登録し、会社から紹介を受けた上で介護福祉施設で働き始めます。働く場所を選ぶ上で労働条件等を設定し、自分の条件にあった職場を選べるため、やはり資格のある仕事というのは有利です。

職場が固定されずに変化

手

正社員として働く場合には、職場が固定されます。しかし、介護福祉士として派遣で働く場合においては、職場が固定されず、長くても1年から1年半で変わっていく事が常であると言われています。それというのも、派遣の介護福祉士は介護現場のヘルプのような役割を求められていて、産休などで欠員が出ているところが、派遣で穴埋めをするというところが多いです。そのために、産休明けの正社員が戻ってきたり、人員が足りるようであれば、それで勤務は終了となり、また、人員が足りていないところへ充当されることになるのです。こうしたことから、職場に縛られず、比較的自由に働くことができるのが強みでもあるのが介護福祉士です。資格を持っているので強いです。

広告募集中